除毛の歴史|痩身エステでスリムな身体をつくる|美容に関する情報

痩身エステでスリムな身体をつくる|美容に関する情報

除毛の歴史

脱毛

エステサロン脱毛とクリニック脱毛

除毛は字のごとく、手足の毛や顔の産毛などを剃ることです。かみそりや電気シェーバーで剃ったり、毛抜きで抜くなど方法はさまざまです。最近では脱毛の低価格化が進んだことにより、手間がかからない脱毛を選ぶ人も多いようです。脱毛も方法はさまざまですが除毛と違い、除毛の手間がかからない、もしくは除毛する回数を減らせます。昔は脱毛する時の痛みが強く、価格が高い針脱毛が一般的でしたが技術の進歩によりレーザー脱毛、光脱毛が生まれました。レーザー脱毛は医師免許が必要なのでクリニックで、光脱毛はエステサロンで行われています。どちらも針脱毛よりも痛みが軽く、治療時間が短くてすみます。機械化により、価格は安くなります。

古代から続く除毛の歴史

日本では腕や足が見える服装を着る時のたしなみとして除毛をしますが、地域によっては宗教上の教えからそうすることもあります。宗教によっては体毛を不浄なものとして考えるからです。除毛の歴史は古く、古代エジプトや古代ギリシャでは日常的に行われていたとされます。戯曲や日記に記されたり、出土品から青銅製の毛抜きが見つかっています。あの有名な古代エジプトの女王、クレオパトラ7世の墓からも、青銅製のかみそりが発掘されています。日本でも平安時代などに、眉や髪の生え際を整えるのに貝を使っていたとされます。なので時代や地域に関係なく、行われていたといえます。男性の除毛はひげを剃ることだけの時代が長く続きましたが、最近ではエステサロンやクリニックで脱毛する人もいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加